ブログ

弁護士の給与と検察官について

から wpmaster 2017年6月12日
弁護士はむずかしい免許を取得するため、世間では高給受け取りの認識があります。
実際には確かに高給取りに分類されており、平成27年の厚生労働省のデータでは、弁護士の給与のレベルは1095万円以上、月給で82万円以上だ。
35.6歳、勤続歴6.6年という調べが公表されています。
100人未満の事業でサラリーが1000万円を超えてあり、1000人以上のサイズだとサラリー674万円で、両者には随分と開きがあります。
男女別で男のほうが高くて1161万円、女性が767万円だ。
40~44歳が最も高く、男で1900万円を打ち破ります。
35歳以上、49歳以下も高めに推移している。
注意したい要所として、厚生労働省のデータは実例元データが少ないことからスタンダードな度合いにとどまる精度しかないことや、給与に関することですので個人で労働をこなしている弁護士のサラリーは含まれていない事実を理解する必要があります。
弁護士の多くが事業所で働いていますから、こういう調べよりもっと高い年収の方がいれば、安い方まで様々です。
全国弁護士連合会の実録だと、最も多いのが500万円~1000万円で全体の約18%を占めています。
検察官と弁護士はともに裁判でなさる公判に出席して直接的にやり取りを行う趣旨から、明瞭に把握することができずに混同してしまっている方が多いのも事実です。
検察官は検事と呼ばれることもあり、警察から送られてきた悪い人間に対して訊問を行いつつ、起訴という工程を踏んで公判を行うべきかを判断します。
弁護士は依頼してきた人間からの相談に合意し、悪い人間の味方になったり民事裁判における原告や被告といった方々の代役を果たします。
検察官は公務員というものに対し、弁護士は自営業なので型としてはとても大きな違いがあります。
そうして、弁護士と言えば免許を取得するための試験に合格するのが苦しく、極めて狭き門だと考えられることが多いものの、じつは検察官の方が難しいです。
公判として考えてみると検察官が最も大変で裁判官、弁護士という部門を附けることができます。
しかし、検察官は公務員で弁護士は自営業なので弁護士はサラリーが非常に高額になるケースもあります。
ただし、アルバイトを兼務しなければ生活できないという方がいるのも現実で近年の若い方々の間ではよく見受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です