ブログ

弁護士になるために

から wpmaster 2017年6月13日
弁護士になるためには、六法全書をはじめとするさまざまな法令の勉強をする必要があります。
しかしながら、司法試験に合格するために、六法全書を丸暗記する必要はなく、問いを中心に勉学を通じて回答を考えるヒトが多くなっています。
六法全書は、弁護士になった後も利用しますが、必要な際に手に取ってチェックを行うことができます。
そのため、弁護士になる前の努力で、六法全書を全部覚えておかなければならないということはありません。
また、六法全書を全部記憶することは不可能であり、判事や検事、弁護士に必要とされているのは体験力でなく、論理的なスタンスを行う考慮力であると言われています。
但し、丸暗記をする無用からといって、六法全書を使わずに勉学を行うことは困難です。有力な条文は知っておく必要があります。
六法は憲法、刑法、民法、商法、刑事訴訟法、民事訴訟法に関してあり、これらは全て真実の法だ。
その他にも「法」という名の付いている法令はたくさんありますので、弁護士になる前にそれらの勉学もする必要があります。
六法全書については、プロセスや定義、システムなどをおさえておくことが、弁護士には求められます。
弁護士になるためには司法試験を通して合格しなければならないはよく知られています。
こういう努力は平成18年から初々しいプロセスにトライしましたが、受験資格が大きく変わりました。
従来は受験資格にルールがなく誰でも出来、大学を卒業していれば努力を放免されていました。
ただし、新しいプロセスに移行した現在は法科大学院を修了するか予備校に合格しなければ受験することすら出来なくなったのです。
予備は非常にハードルがおおきいので、多くの受験生は法科大学院を修了していますが、その場合も修了後の5年以内しか受験できず、さらに3回不合格になると受験できなくなるという非常に苦しい状況が課せられていらっしゃる。
ハードルも非常に厳しく、倍率は20パーセンテージ前後を推移している。
法科大学院で勉学をしているものの5人に1人しか通過できていないというところが難しさを物語っている。
法科大学院によっても倍率がものすごく異なり、法科大学院の受験から熾烈な戦いが始まっている。
司法試験に合格すると、弁護士だけではなく検事または判事にもなることが出来ます。
これらは法曹と呼ばれていて、日本の裁判に関する重要な役割を担うことになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です